ベースにも使える!オーディオインターフェイスにもなる!デジタルエフェクト搭載10Wギターアンプ Yamaha THR10

棚橋俊幸がベースを弾いている画像

こんにちは!
二刀流ベーシスト・たーなーです(^^)

今回紹介するのは、自宅練習用ギターアンプ Yamaha THR10 です。

ベーシストのお前がギターアンプ!?
と思われてしまうかもしれませんね…(^^;)

その誤解を解くために、詳しく見ていきましょう。

ベースにも使える!

このギターアンプ、ヤマハ独自のVCMテクノロジーを駆使したアンプモデリングを搭載していて、BASSというプリセットもあるんです。

さすがに通常のベースアンプのように低音を期待することはできませんが、家での練習には十分な音量が確保できます。

実際にベースに使って弾いている動画をご覧ください。
これは僕のYoutubeチャンネルで不定期で投稿しているベースラインだけで曲当てクイズです!
愛用機Bacchuから直でTHR10に繋げて出した音を、iPhoneの標準カメラ&標準マイクで撮ったものです。


また、もし気が向いたらギター用のエフェクト(フランジャーとかディレイとか)をベースにかけて遊ぶこともできます。笑

ベースラインについての関連記事はコチラ▼
ベースのカッコ良さをもっと多くの人に知ってもらうための秘策ベースのカッコ良さをもっと多くの人に知ってもらうための秘策

USBオーディオインターフェイスとしても便利

このブログを書くなどの事務作業はデスクトップの Linux Mint を使っているんですが、このTHR10はUSBケーブルで結線しただけでオーディオインターフェイスとしてバッチリ認識します。

本格的なレコーディングじゃなくて、PC内の音楽を気軽に聴きたい時とか、Zoomによるオンライン・レッスンやミーティングなど、シンプルな環境で十分の時に、大活躍しています(^^)

また、AUX端子もあるので、スマートフォンの出力などを繋げて音楽を聴くこともできます。
もちろんそうやって音源を聴きながら、アンプを通した楽器の音で練習もできます。

実はギターも弾いている

僕はギターは全然弾けないんですが、たまに家で練習したりしています。
やはりギターで鳴らすと、このアンプの良さは引き立ちますね!(当たり前…)

ペダルエフェクターがなくても、本格的な歪みが楽しめます。
ギターって色んな音が出るんだな〜って感心しましたが(笑)、それをこのアンプ1台で感じれるって初心者にとって凄いことだと思います。

ちなみに、無謀にもギターの練習風景をYoutubeにアップしてます。
もしご興味あれば、温かい目でご覧ください(^^)


まとめ

ということで、ベースにも対応して、オーディオインターフェイスとしても使えるギターアンプ Yamaha THR10

ギターも弾きたいベーシストベースも弾きたいギタリストに、オススメです!(^^)

たーなーの使用機材一覧はコチラ▼
https://turner-note.com/equipments/

エレキベースとベースアンプの画像激レア!小型・大出力・拡張性が揃ったベース用コンボアンプ Ibanez Promethean P5110 自宅でもアンプに繋いで練習する目的自宅でもアンプに繋いで練習する目的 音量が小さくても聴こえる!? 〜アンプに頼らずに自分の音を届けるテクニック〜音量が小さくても聴こえる!? 〜アンプに頼らずに自分の音を届けるテクニック〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です