ダイアトニック・コードはもう飽きた?そんな時のために知っておくべきコード進行の基本的アプローチ

ダイアトニックに頼らないコード進行のアイデア

こんにちは!
二刀流ベーシスト・たーなーです(^^)

今回は、コード進行について僕の考えを述べます。

単にコードだけでなく、進行というのがポイントです。

ところで…ダイアトニック・コードという言葉を、コード理論を学んだことがある方は聞いたことがあるでしょう。

ダイアトニックとは?

ダイアトニック(全音階的)とは、クロマチック(半音階的)と対を成す言葉です。

※ここでいう全音階とは、厳密に全ての間隔が全音(ホールトーンスケールのようなもの)ではなく、メジャースケールにおいては【全全半全全全半】というアレです。

ダイアトニック・コードとは、スケールの各音程をルートとしてスケール上の音を3度上に3つ(あるいは4つ)積み上げたもののことを指します。

ダイアトニック・コードについての解説は、他の多くの方もされているので、そちらを参考にしてください。

僕は今から全然違う話に発展していきます。笑

ダイアトニックからの脱出方法

コード理論では基本として出てくるダイアトニック。

だからこそ、みんな使います。笑

もちろん基本は大事ですが、たまにはハメを外したいですよね!

そこで!

僕がオススメする脱・ダイアトニックなテクニックをお教えします。

縦ではなく横の繋がりに注目する

ダイアトニックでもなく、コード名だけ見ると、あまり関係性のなさそうなコードだけど、実は構成音が似ている!っていうことがあります。

例1・・・Cの転回形からE♭

■Gはそのまま
■EがE♭に解決
■CがB♭に解決

という動きになっていますね!

例2・・・Am7からF♯m7(♭5)

■Cはそのまま
■GがAに解決
■Eはそのまま
■ベースラインのAはF♯に(間にGを入れるとスムーズになります)

この場合、ベースラインが3度動いているのでサウンドの印象としてはガラリと変わりますが、上の3つの構成音はほとんど動きません。

まとめ

どんな構成音が積み上がっているか

よりも、

どの構成音が、どの構成音に解決するか

という流れが大切であり、これこそが僕が思うコード進行の真髄です。

ということで…たまにはダイアトニックに縛られず、かつ音楽的にコード進行を縦横無尽に楽しみましょうね〜!(^^)

リハモ(リハーモナイズ)の考察ベーシストがピアノを弾きながらリハーモナイズしたらこうなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です